株式会社インテリアオオノ|オーダーカーテン|壁紙|クロス工事|リフォーム|カーペット|絨毯|東京都町田市|

qrcode.png
http://www.interior-oono.co.jp/
株式会社インテリアオオノ
〒194-0037
東京都町田市木曽西1-3-32
TEL.042-791-2975
FAX.042-791-2718
オーダーカーテン・内装工事
ジュータン・リフォーム
0 0 3 4 7 4

古伊万里 染付花唐草柘榴文輪花向付 渦福銘 5客 江戸期 ◇【骨董品】 完品〜良品:うつわやutuwa和骨董 - e36b0

2019-07-05

古伊万里 染付花唐草柘榴文輪花向付 渦福銘 5客 江戸期 ◇【骨董品】 完品〜良品

  • ◇【骨董品】
  • ◇【骨董品】
  • ◇【骨董品】
  • ◇【骨董品】
古伊万里 染付花唐草柘榴文輪花向付 渦福銘 5客 江戸期 ◇【骨董品】 完品〜良品

寸法  最大 高さ5.5cm 口径8.2cm

材質  磁器

   向付

時代  江戸期

付属品 なし

   一点のみ

状態  Ax2 Bx2 Cx1 Cのものは口に直しとニュウがございます。

商品状態について

・A  完品(無傷)
・B  極美品(極小ホツやニューがわずかにある程度で状態が非常に良好なお品物)
・C  良品(ホツやニューがやや目立つお品物)
・D  参考品(使用できなくはないが傷が多いお品物)

* こちらは骨董品でございます。年代相応の時代の汚れや染み、擦れ、がたつきや釉切れ、フリモノやほこりあと、ピンホール等はご了承ください。
* モニターの発色の具合によって実際のものと色が異なる場合がございます。ご了承ください。

みどころ  
角福銘(かくふくめい)とは

 角福銘は角福印とも呼ばれ、角形の枠のなかに「福」の字の銘を入れた、吉祥を意味する銘款のこと。
 中国磁器の影響で国内では1630年代頃から有田の磁器作品に用いられるようになった。特定の窯場や作者の印ではなく、肥前の窯場で自由に使用された。
 初期の角福銘は篆書体の「福」で、角枠は二重線、印のサイズも大概小さい。
 1650年代になると印は大きめのものが増え、角枠は一重線のものも出てくる。
1670年代から80年代には渦福銘と呼ばれる、草書体で  「福」の字の田の部分が渦を巻いた字も現れる。この渦福の描き方は窯によって性格も様々で、丁寧なものから大雑把なものまでいろいろであるが、18世紀になると全体的に締まりのない適当な形になり、18世紀後半にはついにほぼ姿を消す。
 19世紀初頭には「福」の字の田の部分が×印の書体が使用されるようになる。

 なお、角福銘は柿右衛門窯からも多数出土している。その多くは上手のものである。1885年(明治18年)に11代酒井田柿右衛門が渦福を商標登録し、それ以降、渦福銘は酒井田柿右衛門窯をしるす銘となった。
 しかし、帝国窯業の小畑秀吉の出資で設立した柿右衛門焼合資会社を、11代が1928年(昭和3年)に離れた以降は、角福銘は柿右衛門家では使用ができなくなり、「柿右衛門作」という銘を用いた。このためその時期は、合資会社の角福銘作品と、柿右衛門窯の「柿右衛門作」銘作品が存在する。
 1969年(昭和44年)になると角福銘は合資会社から柿右衛門窯へ返されたものの、それ以降角福銘が柿右衛門窯で用いられることはなくなった。


価格
50,000円
(税込54,000円/送料別)
3営業日以内に発送予定